お薬について

お薬について Q&A

院外処方箋について

  • Q1

    院外処方箋とは・・・?

  • A1

    国が推進している「医薬分業の推進」の制度に沿ったもので、患者さんは、病院が発行する院外処方せんを持って街の保険薬局に行き、薬の専門家である薬剤師から薬について説明を受け、代金と引き換えに薬を受け取ります。医薬分業により患者さんの支払いの負担が少し増える場合があったり、病院と薬局の二か所を回る為に手間・時間がかかるという欠点がありますが、次のような利点があります。

    1. 複数の医療機関にかかってお薬を受け取る場合、同じお薬を重複して服用しないように保険薬局の薬剤師が薬歴簿(患者さんの処方された薬の種類や量を記載したもの)を作って管理します。
    2. 患者さんの薬歴簿から、他の病院で処方されたお薬との飲み合わせのチェックをします。
    3. お薬を受け取るまでの待ち時間が短くなります。
    4. 薬の内容に関する質問に対して保険薬局の薬剤師が説明します。
    5. 医療の専門家である医師と、薬の専門家である病院の薬剤師や街の保険薬局の薬剤師が連絡し合うことにより、治療効果の向上と副作用の防止に役立ちます。

お薬手帳について

  • Q1

    「お薬手帳」とは・・・?

  • A1

    患者さんに処方されたお薬の名前や飲む量、回数などを記録すための手帳です。この記録があると、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなお薬をどのくらいの期間使っているのかが判断できます。
    また、他の病院や医院などでお薬を処方してもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師に「お薬手帳」をみせることで、同じお薬が重複していないか、飲み合わせ等についても確認します。
    この手帳は、"医療情報の共有化"という医療者間の架け橋のほかに、自分の健康情報を自分で記録し医療者に伝えられるという"患者と医療者の架け橋"にもなります。
    そのためにも「お薬手帳」は病院・薬局ごと分けずに1冊にまとめましょう。
    具体的には、こんな時に役立ちます。いつも持ち歩きましょう。

    ○ 入院するとき
    (お薬手帳と入院前服用・使用薬剤、すべてお持ち下さい)
    ○ 薬局等で市販薬を買うとき
    ○ 急病でかかりつけ医と違う病院にかかるとき
    ○ 旅行、出張、修学旅行、海外旅行
    (旅行前に薬剤師に英語で書いておいてもらいましょう)
    ○ 災害時に避難するとき

    ※木村病院では、右のポスターを用いて患者さんへ説明しています。

    【災害時について】
    1. 東日本大震災で「お薬手帳」が役立ちました
    2. 常時携行または非常時持出された「お薬手帳」の活用で、患者さんが飲んでいる薬や病気の情報が正確に伝わり、「お薬手帳」の情報をたどることで早期に適切な治療に結びつきました。
    3. 救護所等での活用
      救護所の薬剤師がこれまで飲んできた薬の情報や薬の名称等を記載した「お薬手帳」を作成し、被災地の限られた環境(限定された医薬品の種類)で医療チームによる患者の症状に応じた効率的な治療が可能となりました。別の避難所に移動した際も受診の継続がスムーズでした。




高齢者の薬について

  • Q1

    高齢者が薬を服用するときに注意することは?

  • A1

    高齢になると、ものや字が見えにくくなったり、声や音が聞こえにくくなることがあります。また、いろいろな病気を併発して、いくつも病院や診療科で診察を受けることにより処方される薬も多くなります。
    錠剤ヒートに書いてある字が見えづらくなったり、説明どおりに薬が飲めなくなったり、薬の管理自体が大変になります。
    薬の包装をご自分で破れなくなる場合もあります。
    誤って包装のまま飲んで、食道にひっかかったりして、重大な結果を引き起こすこともあります。
    服用時、十分な水(コップ1杯程度)で飲まないと、薬がのどや食道にひっかかり潰瘍などの原因になることもあります。
    以上のことから、家族の人が高齢者の状態を十分に把握し、薬を正しく服用できるよう注意をしましょう。
    顆粒剤が入れ歯に挟まって痛いとか、飲み込む力が弱くてカプセルが苦手であるとか、悩みをお持ちである方は同じ薬効で薬の形が違うものがないか医師または薬剤師にご相談ください。

妊婦や・授乳中の方の薬について

  • Q1

    妊婦が薬を服用するときの注意点は?

  • A1

    妊婦の服用した薬が胎児に及ぼす影響は、母体の体質、投与時の胎齢、胎児の遺伝子型、薬の剤胎盤通過性、投与方法などにより異なり、一定ではありません。妊娠中は少し頭痛がするとか、風邪をひいたからといって、家庭薬をすぐに飲むのではなく、必ず病院へ行って医師・薬剤師と相談してください。
    しかし、妊娠期間中でも、たとえば糖尿病や心疾患など、それらを治療しておかなければ妊娠の継続が困難なときには医師の指示のもとに薬の服用が必要とされる場合があります。

  • Q1

    授乳中の薬の赤ちゃんへの影響は?

  • A1

    授乳中の方が薬を服用した場合の影響は大きく分けて2つ考えられます。

    1. 薬の母乳への移行性
      ほとんどの薬物は程度の差はありますが、母親から母乳を飲む乳児に移行し、薬を投与されたと同様の作用を現すことになります。しかし、薬を投与しなければ治療できない場合には、医師は局所に作用する薬や母乳に移行の少ない薬を選択し、薬の母乳中濃度が最大になる時間帯を避けて授乳するよう指示して影響を最小限度にする方法を考慮します。しかし、抗悪性腫瘍剤のように投与量に関係なく有害反応を起こすことが分かっている薬の使用が必要な場合は授乳を中止するようにします。
    2. 母乳分泌への影響
      母乳分泌が減少する薬、増加する薬等、ホルモンに与える影響がわかっている薬もありますので事前に医師、薬剤師に確認してください。

薬を安全に飲むために

  • Q1

    薬といっしょにとってはいけない食べ物は?

  • A1

    健康食品、ビールや日本酒等のアルコール、市販ドリンク剤でアルコール含量の記載のあるもの、たばこ、グレープフルーツジュース、納豆等のビタミンKを多く含むものなどは飲み合わせにより影響を受ける薬剤が報告されています。医師または薬剤師に必ず、服用していることを報告の上、適切な指示を受けましょう。

  • Q1

    薬の副作用について教えてください。

  • A1

    薬には、治療目的とは別の作用が現れることがあります。それを副作用といいます。

    副作用には比較的軽いものから、命に係わる重篤なものまで様々な症状があります。漢方薬にも副作用はあります。症状が現れるのも、皮膚や目、血液や、肺、肝臓、腎臓、胃腸等様々です。薬局や病院でお薬をもらうとき、薬の説明書には必ず副作用について書かれています。薬剤師は、重篤な副作用の初期の症状について説明します。たとえば、真っ黒な便が出たり、褐色尿がでたり、ぶつけてないのに青アザができる、体に発疹ができるなど。このような副作用として思い当たる症状が出た場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

  • Q1

    薬の保管で気を付けることは?

  • A1

    薬は光や温度、湿度に大変影響を受けます。保存状態が悪いと変化を受けやすく、効果の上にも悪影響を与えます。薬の入っている袋(薬袋)やお薬説明書に飲み方や保管方法の注意書きがされています。それらに従って保管してください。不明な点は、薬剤師へおたずねください。

その他

  • Q1

    複数の病院にかかるときの注意点は?

  • A1

    別の病気でいつもとは違う病院で診てもらうことはよくあります。同じ病院内で違う科を受診する場合もあります。そのような場合、自分が現在服用している薬の内容の記載してあるお薬手帳を医師へ見せてください。飲み合わせの悪い薬、成分が同じ薬、作用が同じ薬などが処方されることを防ぐことが出来ます。
    お薬説明書、お薬現物を持っていくのもよいですが、お薬手帳を活用しましょう。

  • Q1

    インフルエンザの薬について教えて下さい。

  • A1

    インフルエンザに対処するには予防のための予防接種と感染してしまってからの治療薬があります。

    1. 予防接種
      毎年流行に合わせてインフルエンザワクチンが製造されます。従来の季節性インフルエンザと新型インフルエンザといわれる(A1/H1N1)に対するワクチンが含まれています。
    2. 治療薬
      飲み薬(タミフル)、吸入薬(リレンザ、イナビル)、注射薬(ラピアクタ)があります。インフルエンザの薬は医師の処方が必要です。インフルエンザと思われる症状が現れた場合は、早めに医療機関を受診してください。
  • Q1

    錠剤やカプセルを1回分ずつにパックして欲しいのですが・・・

  • A1

    1回分ずつの包装を「1包化」といって、医師の指示が必要です。(ワンパック、ワンドーズパック、分包と呼ぶこともあります)
    外来の場合、医師から受け取る処方箋に、医師からのコメントとして「1包化」というコメントを記載または入力してもらってください。
    薬の種類が多い場合、1日1回の薬や1日3回の薬など飲み方が色々な場合、手の動きが不自由でヒートから薬を取り出すのが困難な場合などに有用です。
    注意点として、湿気や光にあたると変質する薬は1包化不可です。医師や薬剤師に相談して最適な方法を決めましょう。

 ※参考書籍「新 困ったときのくすりQ&A 薬事日報社 社団法人大阪府病院薬剤師会編」

このページの先頭に戻る

社会医療法人 一成会
木村病院

〒116-0001
東京都荒川区町屋2-3-7
電話:03-3892-3161
FAX:03-3892-3119

看護師募集中